お金を学ぶことが未来をゆたかにする近道です




スポンサードリンク

お金の勉強

サラリーマンが1番ヤバイ!副業解禁の裏側を知れ!

投稿日:

2017年11月20日、厚生労働省が就業規則モデルを改定しました。

その改定で一番目を引いた内容が「副業禁止規定の削除」である。

 

国が副業することに関してお墨付きを出したわけである!!

 

またそれに伴い、2018年1月には厚生労働省から

「副業・兼業の促進に関するガイドライン」が作成されました。

 

これまであたかも当たり前のように禁止になっていた副業を

どうして国がガラリと方向転換する事に決めたのでしょうか?

 

副業が解禁になり喜ぶ人もいるでしょう。

 

しかし国が今までダメ!と言っていたことを

ガラリとくつがえして、どうぞどうぞ!とおいしいことを

何もなしに、そう簡単に与えてくれるでしょうか?

 

副業解禁の裏側を知ってもあなたは副業をしますか?

今日は副業解禁の裏側についてお話していきましょう。

え!?本気で喜んでる?副業解禁・・・

 

 

 

 

副業が解禁になったことで副業をやってみよう!

そう考える人は多いと思います。

 

しかし、副業を国が推奨しだしたから!という理由で今から副業を

スタートさせようというのであれば、その前に知っておくべきことがあります。

 

今の時代、NETやSNSで「簡単に稼げる」という情報があふれかえっています。

しかし、1度でも副業で収益を得ようと試みたことがある人は

自分の力で収益を得ることの難しさを知っているでしょう。

 

そうです!

副業というのは、ちまたでたくさん目にする「かんたん」ではない!ということ。

 

普通に考えてみてください。

今の仕事がサラリーマンだとします。

サラリーマンなんて日本中のどこにでもいます。

 

アフィリエイトをやるとします。

なにか情報商材などを紹介したとして、なぜどこにでもいる

サラリーマンアフィリエイターから購入する必要があるのでしょうか?

 

駆け出しのサラリーマンアフィリエイターが紹介する案件が

本当に稼げる!と信じてもらえるでしょうか?

 

アフィリエイト1つ取っても、どう考えても簡単ではありません。

 

また、こう考えてみてください。

例えば、サラリーマンとして食品メーカーに10年勤めていたとしましょう。

 

そんな人がいきなり個人でITコンサルタントとして

コンサルタントサービスを提供する!といったところで

誰がそのサービスを受けようと思うでしょうか。。。

 

どうですか?

ちょっとイジワルな感じの文章になってしまいましたが

副業ってそう簡単じゃない!って言うことはわかって頂けたでしょうww

 

これから副業をやってみよう!と考えているのであれば

今の自分に何ができるのか?

そのできることが、他の人がお金を払っても良いと思う価値があるのか?

 

そういったことを考えることから始めてみてはいかがでしょうか?

誰も語らない副業解禁の裏側

さて、前置きが長くなりましたが要約本題に入ります(^_^;)

 

そもそも昨年、急に国が副業解禁にした本当の理由はご存知ですか?

ネット上ではそんなことを誰も語らず、ただただ副業というキーワードで

お金儲けをしている人たちばかりです。

 

ではなぜ国は今、副業を解禁したのでしょうか?

その理由の1つは日本の人口に秘密があります。

 

日本の人口は2012年から既に減り始めています。

それに伴い、高齢化率は高まっています。

少子高齢化の加速、というやつですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少子高齢化が進むと何が起こるのでしょうか?

 

少子化→人口が減るので税収が減る

高齢化→年金など社会保障費の出費が増える

 

まずは少子化から考えてみましょう。

 

現在は戦後最長の好景気だと言われています。

しかし、我々庶民には景気回復が実感できていません。

そんな中、日本は2019年には消費税が10%に増税されることが決まっています。

 

なぜ消費税を上げる必要があるのでしょうか?

その理由は、そもそも税を徴収する絶対数=国民の数が減るから。

これに起因しています。

 

そして次に高齢化を見てみましょう。

 

高齢化の問題は2025年問題という大きな問題がありますが

これはまた違う機会にお話するとして。。。

 

高齢化が進む日本では、大きな出費があります。

それが"年金"です。

 

65歳以上の高齢者、75歳以上の後期高齢者が増えるということは

支払う年金の金額も大きくなるということ。

 

そして既に年金の財源は年に約7兆円ずつマイナスになっています。

国は年金というこの非常に大きなマイナスを生むシステムを、

国民が安心して生きるためのシステムと謳っています。

 

過去何十年と実施してきた、しかも未だに国がそこまで大きく

自身を持って言うシステムを、現在の労働者が退職した後に

年金はありません!なんてことは、国は口が裂けても言えませんよね(T_T)

 

年金システムは既にそんな状態にもかかわらず

私たち現役労働者たちは、天引きという形で強制的に徴収されています。

 

20年後、25年後に、財源がないから支払えませーん!!

そんな事になった時には、国内で暴動が起こりかねないかもしれませんww

 

こんな背景から、国は年金というシステムを意地でも継続させなければいけません。

毎年約7兆円マイナスを生むシステムを、減っていく人口で補う。

答えは簡単です。増税するしかないですよね、、、

 

ほら。

だんだん、副業解禁の裏側が見えてきたと思いませんか?

副業解禁は今後の度重なる増税の準備だということです。

信じたくない?副業は国の奴隷の第一歩!?

副業を解禁した国の裏事情はわかって頂けたと思います。

もう一度お伝えしておくと、、、

 

  • 高齢化の加速で社会保障の出費が加速する
  • 今後数十年かけて約4,000万人国民が減少する
  • 税収が減るので増税で税収を補う必要がある
  • 収入が増えないと増税できない(国民の反発等)

こういった諸々の背景を踏まえて、国は副業解禁に踏み切った訳です。

 

個人で事業を立ち上げて副業をしたとしても、本業以外にアルバイトやパートで

副収入を得るにしても、最終的には所得税として国の税収となります。

 

他にもう1つの会社に属すのであれば税金は天引きという形で徴収されます。

個人で事業を立ち上げたとしても年に20万以上の収入ができれば

確定申告をして税金を支払う義務が生じます。

 

そして、日本の所得税というのは、対象の金額が大きくなればなるほど

税率が高くなる累進課税というシステムです。

 

本業だろうが副業だろうが、お金を稼ぐためには努力が必要だとお話しました。

既にそれを身にしみて感じている人も少なくないでしょう。

 

一生懸命頑張って、必死で働いて稼いだお金にもかかわらず

稼いだら稼いだだけ税金として徴収されるわけです。

 

こういった状況を、サラリーマンや副収入を稼ぐことは国の奴隷になる!

という人もいます。

 

そのような意見もあるかと思いますが、私はここではあえて

反対側の意見を述べたいと思います。

 

日本という国は、今やっていることを押し通してでも税金を徴収しないと

少子高齢化が加速する今後は、先進国としての日本を維持出来ない状態なのです。

 

先進国として力を失うということは危機的なことです。

それは日本の通過である円の価値も低下することを意味します。

 

そうなると、生活物資のほとんどを輸入でまかなっている日本は

超インフレ時代に突入してしまいます。

 

そうなるとどうでしょう?

生活必需品も踏まえて、お店で売られている商品がどんどん値上がりします。

 

日本国は、もしかすると既にそういった世の中になることを

少なからず予測しているのかも知れません。

 

その様な世の中になった時にも、国民が困らないように

今から副業で兼業でもしてお金を稼ぐ手段を持っておきなさい。

と、遠まわしに伝えてくれているのではないでしょうか?

 

そして、さらにはそこから得られる税収が

私たちが生活している日本を先進国としてあり続けるための

礎となるように助けて欲しい。と言っているのではないでしょうか?

 

副業解禁に対する見方はいろいろあり、いろいろな意見もでていますが

あなたはどう考えますか?

 

日々の生活に追われている人がほとんどだとは思いますが

今、この様な状況だからこそ、一度立ち止まってゆっくりと

今後の日本や自分の将来について考えてみてはいかがでしょうか?

まとめ

今日お伝えした情報やデータは以下リンクからご覧頂けます。

 

日本の所得中央値

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa15/dl/03.pdf

日本の人口推移と高齢化率

http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2017/html/gaiyou/s1_1.html

公的年金全体の資金の流れ

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/nenkin/nenkin/zaisei01/index.html

所得税税率一覧

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2260.htm

お知らせ

今、お金に関するいろいろなお話をしていますが

お金に関するセミナーを開催しようと考えています。

 

まだまだ準備段階ではありますが、詳細が決定いたしましたらブログやSNSで

ご連絡させていただきますので、楽しみにしていてください。

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


-お金の勉強

Copyright© お金のゼミナール AstonishFactory , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.